UCA-works!

書籍

2006年07月 数理統計学ハンドブック 朝倉書店 豊田秀樹(編著)
  離散型確率変数P45〜P49,変数変換:確率ベクトルP135〜P142,その他の信頼区間P267〜P277,母数の関数P410〜P415,ミニマックス法P472〜P475,独立性の検定P512〜P515,位置モデルP530〜P533,ベイズ法P601〜P612,付録E P706〜P751を担当

2007年05月 共分散構造分析【Amos編】 東京図書 豊田秀樹(編著)
  多母集団の平均構造分析P139〜P147,応用研究紹介P224〜P225を担当

2008年05月 マルコフ連鎖モンテカルロ法 朝倉書店 豊田秀樹(編著)
  潜在混合モデリングP70〜P80,欠測データのあるSEM P80〜P87,正規混合モデルP190〜P193,成長曲線モデルP198〜P201,因子分析P206〜P209を担当

2008年12月 データマイニング入門―Rで学ぶ最新データ解析― 東京図書 豊田秀樹(編著)
  ベイジアンネットワークP209〜P240を担当

2009年10月 共分散構造分析【実践編】 朝倉書店 豊田秀樹(編著)
  交換可能な2者間データの分析,探索的構造方程式モデリング,グラフィカルモデリングP81〜P120を担当

2009年11月 検定力分析入門―Rで学ぶ最新データ解析― 東京図書 豊田秀樹(編著)
  比率の差の検定力分析P81〜P84を担当

2011年09月 統計学のための線形代数 朝倉書店 豊田秀樹(編訳)
  1.7節,2.7節,3.6節,4.6節,5.7節,6.5節,7.6節,8.7節,9.6節,10.5節を担当

2012年05月 因子分析入門―Rで学ぶ最新データ解析― 東京図書 豊田秀樹(編著)
  回転P141〜P164を担当

論文

2005年6月 福中公輔・守一雄 信州心理臨床紀要第4号 信州大学
 集団式注意機能検査データからのADHD規則の抽出

2007年3月 福中公輔 修士論文 早稲田大学
 潜在曲線モデルによる店舗の特徴抽出―CD販売店の専門店化戦略における音楽ジャンルの価値―

2007年10月 豊田秀樹・福中公輔・尾崎幸謙・川端一光 心理学研究 第78巻4号
 構成概念間のグラフィカルモデリング―因子分析とGMの統合的な解―

2007年9月 豊田秀樹・福中公輔・川端一光 行動計量学 第34巻2号
 SEMのソフトウェアMxによるグラフィカルモデリングの実行

2008年3月 豊田秀樹・福中公輔・川端一光・片平秀貴 行動計量学 第35巻1号
 2次因子分析における構成概念の平均値の比較―ブランド価値の継時的比較を例にとって―

2011年11月 福中公輔・豊田秀樹 パーソナリティ研究 第20巻2号
 因子分析における独自因子構造解析

報告書

2011年7月 学校法人産業能率大学 経営管理研究所 (連名報告者)
 「海外赴任者に対する育成・支援の現状」実態調査

2011年7月 学校法人産業能率大学 経営管理研究所 (連名報告者)
 【速報版】グローバル人材の育成と活用に関する実態調査

2012年2月 学校法人産業能率大学 経営管理研究所 (連名報告者)
 グローバル人材の育成と活用に関する実態調査

発表

2005年1月5日〜1月8日 Kazuo Mori, Rika Imada, & Kosuke Fukunaka
the 6th Conference of the Society for Applied Research in Memory and Cognition (SARMAC)
Wellington,New Zealand. Poster presented
  【Measuring Implicit Attitude of Mono-polar Concepts by A Paper-and-Pencil Test】

2006年3月27日 平成17年度データ解析コンペティション (於 (株)NTTデータ)
  【CD販売店におけるジャンルの重要度・セグメンテーション分析】

2006年11月3日〜11月5日 日本心理学会 (於 九州大学)
第70回年次大会 第70回大会論文集
ワークショップ 『お金をかけない心理データ解析の最初歩』
  【Rによる回帰分析】を担当

2006年11月25日〜11月26日 日本マーケティング・サイエンス学会 (於 青山学院大学)
第80回研究大会
連名発表者 豊田秀樹・福中公輔・尾崎幸謙・川端一光
  【SEMとグラフィカルモデリングとの関係について】

2007年5月29日 旧SPSS社,現IBM社 (於 池袋サンシャインシティ文化会館)
『共分散構造分析【Amos編】 ―構造方程式モデリング―』 出版記念セミナー
  【質問コーナー】を担当

2007年7月9日〜7月13日
International Meeting of Psychometric Society (IMPS2007)
Tokyo,Japan. Poster presented
  【The Relation between SEM and GM】

2007年9月18日〜9月20日 日本心理学会 (於 東洋大学)
第71回年次大会 第71回大会論文集
ワークショップ 『今日からあなたもSEMデビュー −Amosによる分析−』
  【多母集団同時分析】を担当

2008年6月21日〜6月22日 日本マーケティング・サイエンス学会 (於 大阪府立大学)
第83回研究大会
連名発表者 豊田秀樹・福中公輔・川端一光・片平秀貴
  【2次因子分析における構成概念の平均値の比較−ブランド価値の継時的比較を例にとって−

2008年6月29日〜7月2日
International Meeting of Psychometric Society (IMPS2008)
Durham, NH, USA. Poster presented
  【Generation of Direct Graphs and Chain Graphs by using SEM】

2008年9月19日〜9月21日 日本心理学会 (於 北海道大学)
第72回年次大会 第72回大会論文集
ワークショップ 『心理学に活かすベイズ的アプローチ ーMCMC入門ー』
  【MCMCの応用 〜様々なモデルの母数推定にMCMCを利用する方法〜】を担当

2009年7月20日〜7月24日
International Meeting of Psychometric Society (IMPS2009)
St John's College, Cambridge, England. Poster presented
  【Graphical Modeling for factors by Using Rotation】

2009年8月26日〜8月28日 日本心理学会 (於 立命館大学)
第73回年次大会 第73回大会論文集
ワークショップ 『CANDY BOX SEM 〜最新SEMの理論と応用〜』
  【探索的構造方程式モデリング】を担当

2010年4月17日 立教大学 (於 立教大学新座キャンパス)
文系学生のための構造方程式モデリングワークショップ
  【はじめてのSEM】

2010年7月6日〜7月9日
International Meeting of Psychometric Society (IMPS2010)
The University of Georgia, Athens, Georgia, USA. Poster presented
  【Unique Factor Structural Analysis for Factor Analysis】

2010年9月20日〜9月22日 日本心理学会 (於 大阪大学)
第74回年次大会 第74回大会論文集
ワークショップ 『SEMに関する最近の話題から―理論と応用―』
  【独自因子に対するグラフィカルモデルの適用】

2010年9月21日 日本心理学会 (於 大阪大学)
第74回年次大会 第74回大会論文集
小講演
  【SEMにおける新しい探索的分析法の提案 −グラフィカル構造方程式モデリング−】

職歴

2005年4月01日〜2009年3月31日 早稲田大学文学部心理統計TA
2006年4月01日〜2009年3月31日 早稲田大学文学部PCTA
2008年4月01日〜2008年7月31日 早稲田大学文学部心理実験TA
2009年4月01日〜2011年3月31日 早稲田大学 文学学術院 助手
2010年4月01日〜2012年3月31日 立教大学 兼任講師(統計法2A,後期担当)
2011年4月01日〜2012年3月31日 産業能率大学総合研究所 マネジメントリサーチセンター

【現職】
2012年4月01日〜(現在に至る)
   産業能率大学総合研究所 経営管理研究所 リサーチ&アセスメントセンター

学歴

1996年04月01日 大阪府立八尾高等学校                          入学
1999年03月20日 大阪府立八尾高等学校                          卒業
2000年04月01日 信州大学教育学部教育カウンセリング課程心理臨床専攻    入学
2005年03月20日 信州大学教育学部教育カウンセリング課程心理臨床専攻    卒業
2005年04月01日 早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻   修士課程     入学
2007年03月15日 早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻   修士課程     修了
2007年04月01日 早稲田大学大学院文学研究科人文科学専攻 博士後期課程 入学
2011年03月20日 早稲田大学大学院文学研究科人文科学専攻 博士後期課程 退学
2011年12月21日 早稲田大学 博士(文学) 取得

カウンタ


プロフィール

        ネコ

 氏名:福中公輔
 学位:博士(文学),早稲田大学
 所属:産業能率大学総合研究所
 部署:経営管理研究所
 配属:リサーチ&アセスメントセンター
 分野:統計科学
 専門:心理統計学,データ解析
 学会:日本心理学会
     教育心理学会
     パーソナリティ心理学会
     テスト学会
     行動計量学会
     計算機統計学会
     Psychometric Society
  
FUKUNAKA Kosuke
The SANNO Institute of Management

重要

 ・ 東京図書より『因子分析入門』という書籍が出版されました。
 ・ 朝倉書店より『統計学のための線形代数』という書籍が出版されました。
 ・ パーソナリティ研究に学術論文が掲載されました。

お問い合わせ

 ご連絡のある方は上記のアドレスまでお知らせください。

更新情報

2013/07/03
 ・ 統計科学のページを更新

2012/05/11
 ・ トップページ(書籍・重要)を更新

2012/04/01
 ・ トップページ(職歴・プロフィール)を更新

2011/12/04
 ・ トップページ(職歴・プロフィール)を更新

2011/11/03
 ・ トップページ(書籍・論文・報告書)を更新

2011/09/10
 ・ 統計科学のページを更新

2011/04/20
 ・ 統計科学のページを更新

2010/12/19
 ・ サイト完成
 ・ プロフィールを修正

Copy Right UCA Co.,Ltd. Since 2010