RJAGSの使い方

統計モデルをベイズ推定する場合,MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ法)を利用します。今回はそのためのソフトウェアであるJAGSを,Rから実行する方法について解説します。今後,いろいろな手法を取り上げていく予定ですが,JAGSの使い方がメインとなるため,手法そのものに関しては説明しません。また,MCMCやベイズ統計に関しても既知のものとしていますので,このあたりの知識が足りない人は書籍等を参考にして下さい。

JAGS入門

JAGSを使って分析をする場合の大まかな流れを説明しています。取り上げた手法は単回帰分析ですので,まずはこれを読んでJAGSの取り扱いになれると良いと思います。

テキストはこちら

ソースファイルはこちら

スポンサーリンク











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

氏名:福中公輔 学位:博士(文学)(早稲田大学) 所属:(学)産業能率大学総合研究所 部署:経営管理研究所 配属:組織測定研究センター 分野:データサイエンス 専門:統計学,データ解析,テスト理論 学会:日本心理学会    行動計量学会    計算機統計学会    データサイエンティスト協会